HOMEよくある質問マンションリフォームに関して >防音フローリングとマンションの防音規約について

防音フローリングとマンションの防音規約について

マンションの床の工事は、多くの場合、防音規定と関係してきます。

ほとんどのマンションでは、近隣の方、特に下の階に住む方への、音の面での配慮として、管理規約の中で防音規定を定めています。

使用する床材は、ある一定の基準を満たしたものを選び、足音等が下の階の方にうるさくならないよう配慮しましょう、ということです。

 

基準はだいたい、厳しい場合で、遮音等級L-45かL-40です。

(数字が小さい方が厳しい基準となります。)

目安としては、人が走り回ったり飛び跳ねたりした音が、

 

LL-45→聞こえるがあまり気にならない程度

LL-40→遠くからかすかに聞こえる程度

 

といった具合です。

実際のリフォームでのこの規定がどう関係してくるかというと、床をフローリングに張替える場合に、

その基準に則ってリフォームを進める必要があります。

ご要望の多いフローリングですが、まずはマンション規約を確認する必要があります。

一般によく目にする、合板のフローリングですと、この基準に対応する製品が各メーカーから出ているので

あまり問題にならないのですが、無垢のフローリングは、フローリング自体には防音性能が認められていません。

そこで、フローリングの下に使う下地材で、基準の遮音性能をクリアする必要があります。

このように、床の貼り替えを希望される場合において、防音規約が関係してきます。


カーペットから防音フローリングにリフォームした事例はこちら>>

 

ほかのよくあるご質問を見る