HOME > スケルトンリフォームとは

スケルトンリフォームとは

スケルトンリフォームとは構造体のみを残して全てを解体し、内装や設備機器を新設するリフォーム工事のことをスケルトンリフォームといいます。(マンションの場合は窓のサッシと玄関のドアは、共有部分との兼ね合いがあるため通常はそのままになります。)
スケルトンリフォームはその性質上、リノベーションを行うためには必要不可欠なリフォーム方法なのです。

新築と変わらない住まいにできる

スケルトンリフォームは、躯体が見えるところまで解体して、新たに全ての内装を作ります。
工事が完了すれば当然躯体は見えなくなってしまいますので、リフォーム後の住まいは新築同様です。
給排水配管や電気配線等も見えない部分も新品になります。

自分の好きなデザインにできます。

自分の好きなデザインにこだわっていくと、ちょっとしたリフォームでは、なかなか難しく実現しにくいもの。
スケルトンリフォームなら、お好みのデザインに合わせて、一から作り上げていく事が可能ですので、こだわりのデザインを違和感なく盛り込むことが可能です。

大幅な間取り変更が出来る

通常のリフォームの場合は、水周りなどのメイン設備の位置は大きく動かすとこが出来ませんので、プランニングにも多くの制約が出てきます。
スケルトンリフォームの場合は、設備の配置場所から検討できますので、ご希望のプランニングが可能になります。

老朽化した設備を一新できます。

設備機器は一新することは難しく、故障するたびに修理をしていく事が多いと思いますが、工事は回数を重ねるとコストが上がるもの。
スケルトンリフォームであれば、これらの設備を一新できますので、トータルコストを考えればお得であるといえます。

配管も一新できます。

見えないところにある給排水配管などは、隠蔽配管で一新することは困難で、大規模なリフォームをしないで一新するときは露出配管で行うことが多く、見栄えがとても悪くなってしまいます。スケルトンリフォームであれば、簡単に一新する事が出来ます。

防音性を向上させることができます。

後からの工事で、防音性を高めることは大変な工事が必要ですが、スケルトンリフォームの場合は、比較的簡単に防音性を高める事が可能です。
天井・壁はもちろんのこと、床に関しても、防音対応のシステムフロアーを使用すれば、無垢フローリングなどの採用も可能です。

断熱により省エネルギーを向上させます。

気密性を高めることや、断熱材を壁・床・天井に入れ、断熱効果を高めることによって省エネルギーも実現できます。

結露やカビ、シックハウス対策ができます。

中古マンションなどのケースでは、結露やカビの発生場所は特定が難しくありません。
ピンポイントで対策をすることで、コストの削減も可能です。

設備の点検や補修がしやすくなります。

最新の設備はメンテナンスもしやすくなっています。
また、配管・配線の集中する場所に点検口などをつければ、よりメンテナンスが簡単になります。

最新の設備でランニングコストを少なくできます。

ランニングコストが安くなる設備は初期費用が高いことが多いです。
しかし思い切って導入すれば長い目で見て、月々のランニングコストは絶対にお得です。
断熱などと関連させて考えれば、より効果は高くなります。設備によっては3~5割のコスト削減が可能になります。
仮に5千円~1万円ほどのコストが削減できた場合、長い目でみれば設備そのものを削減したコストで設置ができることになります。
バリアフリーもできます。

ちょっとしたリフォームではなかなかバリアフリーは出来ません。
特に家の中の段差に関しては、スケルトンリフォームでなければ完全な解消は出来ません。
バリアフリーの本来の意味は、障壁を取り除くことですが、文字通り、住む人にとって完全なバリアフリーへの対応が可能となります。